本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.03-3432-0381

〒105-0004 東京都港区新橋3-23-4

院内設備

検査内容



診断装置のご案内

診断装置として、以下の装置を取り揃えております。

デジタル撮影装置(CR装置)

デジタル撮影装置

アナログ写真と異なり、デジタルで画像処理を行うので、見やすく、情報量の多い画像が得られるため、診断能の高いX線写真が得られます。 また、アナログ写真と比べて、少ない放射線量で撮影することができます。そのため、被ばくX線量を低減できます。


デジタル透視撮影装置(DR装置)

デジタル透視撮影装置

当院では、胃透視検査もデジタル装置を導入し、検査を行っています。そのため、アナログ写真よりもより細かい病変を見つけることが可能です。 また、少ない放射線量で撮影することができます。そのため、被ばくX線量を低減できます。


ヘリカルCT装置

ヘリカルCT装置

通常のX線撮影と異なり、横断面画像が撮影されるため、内部構造を詳しく診断することができます。 また、簡易性・迅速性・無痛性の点でも優れた特徴を有しております。頭部・胸部・上腹部・下腹部などを検査し、病変を早期発見します。 撮影した写真は当院医師の他に、月に一度、専門医による診断も行っています。


脈波装置

脈波装置

動脈硬化症を早期発見することができます。 両腕、両脚の4ヶ所の血圧を測定するだけなので、簡単にうけられます。検査にかかる時間もわずか10分程度です。


ホルター心電図

ホルター心電図

24時間心電計を装着していただくことにより、安静時だけでなく、行動中の心臓の状態を一日単位で測定することができます。 大きさ5×4.5cm 重さ約40g 防水なので、日常生活に差し支えなく検査をすることができます。


内視鏡装置

内視鏡装置

専門医が食道から十二指腸上部までを観察します。 内視鏡が口の中に入っている時間は、10~20分程度です。表面粘膜を直接観察するため、早期の病変も発見できます。 喉の反射や異物感が強い方は、鎮静剤も希望できます。

※土曜日のみの検査となります。ご了承ください。


新橋青木クリニック

〒105-0004
東京都港区新橋3-23-4
TEL 03-3432-0381
FAX 03-3431-7886